広島仏壇の製造の歴史

一、社会背景

広島に於ける仏壇製造の歴史について触れておかなければならないことは、日本最大の宗教は仏教であったことである。仏教の中にも多数の宗派があり、その中で最大のものは13世紀に親鸞聖人によって始められた浄土真宗であった。浄土真宗が広島で広まったのは、親鸞聖人の高弟明光上人の法弟が沼隈郡に光照寺、高田郡に照林坊等を開き布教したのが始まりであろうとされている。このようにして、浄土真宗は中国地方では広島を中心にして広まり、16世紀に入って毛利氏の保護により更に拡大していった。この時期、織田信長と石山本願寺が戦った石山合戦において毛利氏と呼応して、多数の門徒が本願寺救援に出陣し、大きな手柄を立てた。このような背景もあって浄土真宗が広島を中心として定着していった。

元和5年(1619年)浅野長晟公が紀州から転封されたときに随従してきた職人41人の中に、位牌細工師、絵物細工師、錺金具師等が含まれていた。この職人たちの技術が広島の仏壇製造にいかされた。そして享保元年(1716年)藩主に男子が誕生するよう明星院(広島市)に祈祷堂を建立するため僧暾高が京都、大阪に出向いて、高度な仏壇仏具の製造技術を学んで帰り、地元の工匠に製作させた(「知新集」1822年成稿)。享保年間にこれらの技術が蓄積され、仏壇の製造技術が確立したものと思われる。

徳川家康は江戸に幕府を開くと諸宗寺院それぞれ法度を下して統制を加えた。一方で幕府はキリスト教の禁制を次第に強化し、寛永12年キリスト教に弾圧を加え、寺檀制度を定め改宗をすすめ、仏教信者になった場合には寺院からこれを証明する寺請証文を出させ、島原の乱後は全国の人民を一人残らずその宗旨に従っていずれかの寺院の所属とし、その寺院の檀家であることを住持によって証明されなければならないようにした。こうして宗旨人別帳がつくられ、寺院と檀家の制度が成立し、仏壇なき家は邪宗門として告発されるに至り、仏壇の設置は強制的に行われるようになり、全国津々浦々に仏壇が普及していった。

この時代広島では、地元の大工や、渡り職人による仏壇らしきものの製造が行われていたようである。江戸時代末期になり城下町に人が集まり、刀の鞘を塗っていた塗師、かんざしや刀の鍔をつくっていた錺金具師、お城のお抱え職人等により、製品としての仏壇がつくられ始めた。仏壇が製品として流通を始めると製造地としての産地問屋が現れてきた。当時の堀川町、チギ屋町、銀山町に産地問屋街ができ、旧山陽道に面したこの付近は商人宿と仏壇問屋街となった。当時の堀川町、チギ屋町、銀山町に寛文(1661~1673)、嘉永(1848~1854)、慶応(1865~1868)の頃創業の仏壇店が、六店程確認される。寛文の頃創業の仏壇店は、寺社の御用商人のように思われる。(「広島商工案内」昭和4年、広島商工会議所発行)

二、広島仏壇の史的展開

明治時代になり、江戸時代に見られた商業上の統制が次々廃止された。広島の仏壇も大量輸送手段として、海上交通を使い大阪、京都方面に紹介された。大消費地大阪へ製品を納入するためには、広島の仏壇としては商品名が浸透していないので、大阪の製品として出荷する必要があり、大阪の製品の形を模倣したものである。広島仏壇の形がこの頃出来上がったものと思われる。大消費地大阪へ出荷が活発となり、明治10年から30年頃にかけて、多数の仏壇問屋が創業している。明治20年、広島仏壇卸商組合が誕生したことからも仏壇製造産業が広島の大きな産業となりつつあることがうかがえる。又、量産するために、ある程度の寸法の標準化が行われたようである。広島仏壇の生産量の統計は、現在分かっているものは、大正元年生産量3,000本、金額60,000円(「広島地名索引」編集者 広島湾要塞司令部)である。

その後の統計は、「広島商工案内」(昭和4年、広島商工会議所発行)によると大正12年356,169円、大正13年239,566円、大正14年243,448円、大正15年・昭和元年229,795円、当時の「商工事情」の中の仏壇製造業の項目には、「本市の仏壇製造の濫觴は甚だ古く、古来本市独自の製造を為し精巧なる普通品以下を廉価にて供給するを以て特色とし広島仏壇として広く知られ、京阪地方に於いては京阪、名古屋、彦根、姫路等の製品と、又九州地方に於いては若津、八女福島、熊本等の製品と拮抗してよく其販路を維持し居る所以のものは此特長あるによるものであるが、殊に本縣を始め島根、山口、香川地方においては最優位を占め昭和二年中の産額約七千本、價額三十五萬圓に達して居る、営業者三十七名組合を設け製品の改良と販路の拡張を図り、国内第一位の産額を有する滋賀縣の同業組合と東西相對峙して居る」とある。大正末期から昭和初期にかけての製造現場は徒弟制度により、木地、宮殿、欄間、彫刻、卓彫刻、塗り金箔押し、蒔絵、金具の技術者達は数人の弟子を抱えて住み込ませて仕事を教えていた。これらの技術者の仕事場は堀川町、チギ屋町、銀山町、の産地問屋街の周辺で、竹屋町、平塚町、鶴見町、に集中していた。この頃の生産現場の技術者の数等から見て広島仏壇の最盛期であったと思われる。

第二次世界大戦が始まると、仏壇製造の技術者たちも戦地に駆り出されて、残りの技術者達は、兵隊の木製食器の製作等の仕事をしていた。昭和20年8月6日広島は原子爆弾により廃墟と化し、多くの技術者を失った。昭和22年ごろになると、戦地に駆り出されていた技術者や、疎開していた技術者達が堀川町、チギ屋町、銀山町、竹屋町、平塚町、鶴見町周辺に戻ってきた。しかし原材料も少なく、細々と木製の日用品等の製品などをつくり、暮らしていた。昭和23年、組合員は10社余りで広島仏壇卸商組合が再開され、戦前の取引先の開拓に動き始めた。しかし、戦後の混乱の中では仏壇の注文はほとんどなく、広島の仏壇産業の危機であった。昭和25年朝鮮動乱の勃発により産業界に特需が発生すると、仏壇の需要も急速に盛り上がってきた。当時各職種の技術者達も、戦争と戦後の混乱の中で減少していたが、仕事を求める若者が多く、弟子を養成することは容易であった。現在の熟練技術者はこの頃に弟子入りして、技術を習得した者が中心である。

昭和49年伝統的工芸品産業の振興に関する法律が施行され、広島仏壇を通産大臣指定伝統的工芸品とするため、同年広島仏壇卸商組合を母体として広島宗教用具商工協同組合が設立され昭和53年2月6日広島仏壇が伝統的工芸品と指定された。

※ 資料提供 広島宗教用具商工協同組合
※広島郷土史会会報掲載文

文字の大きさ