営業の現場から「一般営業編」

常に初心で。


荒井 崇

荒井 崇


キャッチ

  就職活動の時、お仏壇の業界に対して、特別な意識はありませんでしたね。こういう時代だからこそ、「心」を大切にする仕事に就く意義があると思うし、人と違うものを扱えることも面白いかなと思いました。実際に働いて感じたのは、世間一般に考えられるほど、お客様はご年輩の方ばかりではないということです。40代〜50代の方で、これからの人生を心安らかに過ごしたいというお客様も多くいらっしゃいます。そういう方にとっては、お仏壇は慶びのお品です。お宅に納品をうかがった時、「夢が叶った」と喜びのあまり泣かれるお客様もいらして、この仕事を選んで良かったと思いました。
 学生時代は、仏教のことについて特別関心があったわけではありませんが、この仕事に就いて、お経のことなども勉強させて頂くうちに、日々の生活の中でいろんなことに対して「ありがたい」という感謝の気持ちを持てるようになりました。
 私たちの仕事は、人と人とのご縁によって成り立っています。呉本店は2001年にオープンしたばかりの新しいお店ですが、私たちとお客様、そしてお客様からお客様へと、どんどん「ご縁」が繋げていけるような仕事を心がけていきたいですね。

 

 

Column

キャッチ

 三村松では、遠方にお住まいの方で、なかなかご来店頂く機会のないお客様にも、身近にお仏壇に接して頂けるように、各地で「お仏壇展示会」を開催。山間部や島嶼(とうしょ)部などや都市近郊の団地や住宅地のショッピングセンターで三村松のお仏壇を展示即売しています。会場では、三村松の営業員や販売員が、お仏壇の購入のご案内はもちろん、仏教用具、葬祭に関する質問やご相談にもお応えしながら、社員と地域の皆さんとのふれあいの輪を拡げています。

image

 

 


copyright (c) 2017 MIMURAMATSU co.,ltd. all rights reserved.